コンテンツ作成のヒント

入力書式:
  • Filtered HTML:
    • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
    • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>

      このサイトではHTMLで書かれたコンテンツの投稿を許可しています。 HTMLのすべてを習得するのは気が引けるかもしれませんが、ごく少数の基本的なHTML「タグ」の使い方を習得するのはとても簡単です。 以下の表では、このサイトで利用できるタグを、一例を挙げて説明しています。

      より詳細な情報は、W3CのHTML Specifications(英文)や、W3C 仕様書等の日本語訳集を参照するか、好みの検索エンジンからHTMLについて解説しているサイトを探し、それらを参考にしてください。

      タグの説明入力文表示例
      アンカーは他ページへのリンク作成に使用します。<a href="http://takuchan.jp">丹下たくみオフィシャルサイト</a>丹下たくみオフィシャルサイト
      強調<em>強調</em>強調
      <strong>強</strong>
      引用<cite>引用</cite>引用
      テキストをプログラムのソースコードとして明示するために使われます。<code>コード</code>コード
      順序無しリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ul></ul> で囲みます。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
      • 1番目の項目
      • 2番目の項目
      順序付きリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ol></ol> で囲みます。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
      1. 1番目の項目
      2. 2番目の項目
      定義リストは他の HTML リストと似ています。 定義用語を <dt></dt> 、その用語の説明を<dd></dd> で囲み、全体を <dl></dl> で囲みます。<dl> <dt>1番目の用語</dt> <dd>1番目の定義</dd> <dt>2番目の用語</dt> <dd>2番目の定義</dd> </dl>
      1番目の用語
      1番目の定義
      2番目の用語
      2番目の定義

      ほとんどの特殊記号は、特に問題なく直接入力することができます。

      問題が生じた場合は、HTMLのエンティティー表記を使用してみてください。 例えば、&amp; と入力した場合はアンド記号の「&」のように表示されます。 エンティティーの全リストは、HTMLのエンティティーページを参照してください。

      エンティティー表記の一例:

      文字の説明入力文表示例
      アンパサンド(&)&amp;&
      大なり記号(>)&gt;>
      小なり記号(<)&lt;<
      引用符(")&quot;"
    • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。
  • Full HTML:
    • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
    • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。
  • Comment:
    • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
    • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>

      このサイトではHTMLで書かれたコンテンツの投稿を許可しています。 HTMLのすべてを習得するのは気が引けるかもしれませんが、ごく少数の基本的なHTML「タグ」の使い方を習得するのはとても簡単です。 以下の表では、このサイトで利用できるタグを、一例を挙げて説明しています。

      より詳細な情報は、W3CのHTML Specifications(英文)や、W3C 仕様書等の日本語訳集を参照するか、好みの検索エンジンからHTMLについて解説しているサイトを探し、それらを参考にしてください。

      タグの説明入力文表示例
      アンカーは他ページへのリンク作成に使用します。<a href="http://takuchan.jp">丹下たくみオフィシャルサイト</a>丹下たくみオフィシャルサイト
      強調<em>強調</em>強調
      <strong>強</strong>
      引用<cite>引用</cite>引用
      テキストをプログラムのソースコードとして明示するために使われます。<code>コード</code>コード
      順序無しリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ul></ul> で囲みます。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
      • 1番目の項目
      • 2番目の項目
      順序付きリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ol></ol> で囲みます。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
      1. 1番目の項目
      2. 2番目の項目
      定義リストは他の HTML リストと似ています。 定義用語を <dt></dt> 、その用語の説明を<dd></dd> で囲み、全体を <dl></dl> で囲みます。<dl> <dt>1番目の用語</dt> <dd>1番目の定義</dd> <dt>2番目の用語</dt> <dd>2番目の定義</dd> </dl>
      1番目の用語
      1番目の定義
      2番目の用語
      2番目の定義

      ほとんどの特殊記号は、特に問題なく直接入力することができます。

      問題が生じた場合は、HTMLのエンティティー表記を使用してみてください。 例えば、&amp; と入力した場合はアンド記号の「&」のように表示されます。 エンティティーの全リストは、HTMLのエンティティーページを参照してください。

      エンティティー表記の一例:

      文字の説明入力文表示例
      アンパサンド(&)&amp;&
      大なり記号(>)&gt;>
      小なり記号(<)&lt;<
      引用符(")&quot;"
    • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。